飼育スタート、そして挫折

立ち上げ途中の水槽。キャンプで使うコンロを利用しています。

熱帯魚を趣味で飼育しており、そこからメダカへの興味が湧いてきました。
マンションに住んでおり、既に熱帯魚用の水槽が3つ(小さいものを入れると5つ)あるのですが、メダカも飼育したい!ということで早速飼育の準備を開始しました。
メダカに惹かれた理由は、何と言っても繁殖が容易であること。
そしてヒーターやファンなどで温度調整が必要な熱帯魚に対して、メダカは水槽の表面に氷が張るような低温~夏場の40度くらいの高温まで耐えられるため、電気代が必要ないのも魅力です。
(もちろん、快適に過ごせる水温にしておいた方がよいのは言うまでもありませんが…)
突然変異が起きやすいというのも、ぐっとくるポイント。
うまく行けば、新種を生み出すことができるかもしれない…ここに大きなロマンを感じたわけです。

そんなこんなで、早速メダカを購入しに、伊丹市にある「ひごペットフレンドリー クラウンパーク伊丹店」へ。
白メダカ数匹と水草を仕入れ、意気揚々と帰宅。
メダカ用の器は、可愛らしいホーロー製の洗面器(今後は水槽と呼ぶ)。
飼育開始は秋口だったでしょうか。冬が近づいて来ていたため、暖かい方がよいだろうと室内で飼育を始めたのですが…。
1日、1日と日を追うごとに少なくなっていく白メダカちゃん。
なんと1週間も経たないうちに全滅してしまったのです(涙)水温はさほど冷たくない。
餌もやっている。あまり一度にたくさんやると良くないと聞いたので、食べ残しのないように与えている…。
何がダメなのか…。かなりショックで一時はメダカの飼育を諦めようかと思ったほどでした。